アヤックスは4月30日、エリク・テン・ハグ監督(51)との契約を2023年6月まで延長したことを発表した。

2017年12月にアヤックスの指揮官に就任したテン・ハグ監督は、2018-19シーズンにエールディビジ優勝を達成。そのシーズンはチャンピオンズリーグでアヤックスを22年ぶりのベスト4進出に導く手腕も見せた。

その後、2019-20シーズンに国内カップで優勝を果たしたテン・ハグ監督は昨季、新型コロナウイルスによって早期終了となったエールディビジで優勝。今季も残り4試合となったエールディビジで2位PSVに12ポイント差を付け、優勝を確実としている。

そのテン・ハグ監督にはジョゼ・モウリーニョ前監督を電撃解任したトッテナムが招へいに興味を示しているとの報道があったが、今後もアヤックスで指揮を執ることが決まった。