明治安田生命J3リーグ第7節の2試合が1日に行われた。

前節に暫定ながら首位に浮上したカターレ富山は10位の藤枝MYFCとの敵地戦。通算対戦成績で9勝2分け2敗と勝ち越す富山だが、21分に右サイドのスペースに抜けた久富の折り返しに宮本が合わせ、ホーム初勝利を狙う藤枝が先取する。

追う富山は雷の影響で約1時間の中断を余儀なくされたが、74分に花井がボックス右でファウルを受けて、同点機となるPKのチャンスを獲得。キッカーの吉平が蹴り直しにも動じず、古巣のゴールマウスにしっかりと決め切り、追いついた。

だが、勝ち越しゴールは生まれず、そのまま試合終了。富山は連勝が「2」で止まり、勝ち点1を積み上げるにとどまっている。

また、開幕5連敗で最下位に沈むカマタマーレ讃岐はホームで8位のアスルクラロ沼津と対戦。0-0の状況が長らく続くなかで粘り強く戦うと、73分に右サイドからのクロスに重松が頭で合わせ、相手GKの弾いたボールを岩本が押し込み、先制する。

その讃岐は岩本のプロ初ゴールとなる一発で手にした1点のリードを最後まで守り抜き、開幕からの連敗を「5」でストップ。ゼムノビッチ体制2試合目で待望の今季初勝利を掴み取った。

◆第7節
5/1
藤枝MYFC 1-1 カターレ富山
カマタマーレ讃岐 1-0 アスルクラロ沼津

5/2
《13:00》
ヴァンラーレ八戸 vs ガイナーレ鳥取
いわてグルージャ盛岡 vs 鹿児島ユナイテッドFC
テゲバジャーロ宮崎 vs FC今治
《17:00》
AC長野パルセイロ vs 福島ユナイテッドFC
《19:00》
FC岐阜 vs ロアッソ熊本