エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が嘆いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

1日に行われたプレミアリーグ第34節でアストン・ビラをホームに迎え撃ったエバートン。コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがウォームアップ中の負傷で急きょ欠場を強いられたなかで、先制を許したが、19分にイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンのゴールで追いつく。

しかし、1-1の80分に勝ち越しを許して、5試合ぶりの敗戦。1試合未消化分を残すものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位につけるチェルシーとの勝ち点差が「9」に開いてしまった。アンチェロッティ監督は試合後、チームの目標である欧州挑戦権の獲得が難しい状況を認めた。

「序盤にかなりのミスを犯してしまった。バランスを欠き、集中力がなく、良い夜じゃなかったね。なぜかはわからない。彼らに意欲こそあった。重要な一戦で、争いに踏みとどまっていくためにも勝とうともした。まだ争いのなかにいるが、状況がますます難しくなっている」

また、アンチェロッティ監督は5勝4分け8敗と負け越すホーム戦成績を嘆きつつ、「まだ今季が終わったわけじゃない」と前を向いた。

「なぜホームで苦戦しているのか説明しがたい。7日前にアーセナルを倒したときと同じチームなのだがね。ホームでもっとうまくやれるはずだ。アウェイとホームで戦いが違いすぎる」

「我々は良くなかった。ボールを保持したときのバランスが悪く、難しさもあったが、まだ今季が終わったわけじゃない。まだ5試合もあり、戦い続けねば。いずれも目標がかかる重要なものだ」