マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏が、来シーズンのプレミアリーグ優勝候補を予想した。イギリス『ミラー』が伝えている。

今シーズンのプレミアリーグは序盤から中盤にかけてトッテナム、リバプール、ユナイテッドが首位に立った時期もあったが、終盤はスパートをかけたマンチェスター・シティがトップを独走。34試合を消化した時点で2位に13ポイント差をつけており、次節にも優勝が決定する状況だ。

こうした状況を受け、来シーズンもシティがリーグを圧倒するという見方が多いものの、ファーディナンド氏は自身のポッドキャスト『Vibe with Five』の中で、1月にトーマス・トゥヘル監督が就任して以来好調を続けるチェルシーへの期待を語った。

「チェルシーのスタッツを見たことがあるかい? 来シーズンのリーグ優勝は彼らだと思う。トゥヘルが来てから、彼らは失点やチャンス数など、ほぼすべてのカテゴリーでトップに立っている。チェルシーに来てからのトゥヘルの活躍は、拍手する以外できないね」

また、ファーディナンド氏は昨夏に加入して以来、決定機を外すシーンが多く批判を浴びるFWティモ・ヴェルナーを擁護、そのうえで、チェルシーが今夏にシティを退団するFWセルヒオ・アグエロを獲得しても驚かないと語った。

「ヴェルナーは来シーズン活躍するだろう。彼はこの国に来てまだ1年目であり、(新型コロナウイルスによる)パンデミックの中で馴染んでいる最中だと皆が忘れている。落ち着ける時期には入っていないんだ。それでも、彼は公式戦でゴールアシスト共に2桁を達成している。クラブで最も多くのゴールに関与しているね」

「アグエロは恐らくプレミアリーグに残るだろう。もし私がチェルシーの人間であれば、すぐ彼の獲得に動くと思う。(アーリング・)ハーランドやそのレベルの選手を獲得できなければ、アグエロを選ぶはずだ」