ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグ、ローマvsマンチェスター・ユナイテッドが、日本時間6日28:00にスタディオ・オリンピコでキックオフされる。1stレグでの大差によって九分九厘、勝負が決した中で臨むホームチームの矜持が試される一戦だ。

先週にオールド・トラフォードで開催された1stレグは下馬評通り、ユナイテッドが先勝に成功したが、そのスコアは6-2という衝撃的なものとなった。前半はローマの奮闘によってアウェイチームが1点リードで試合を折り返すも、後半にFWカバーニ、MFブルーノ・フェルナンデスがけん引した攻撃陣が爆発したユナイテッドが5点を奪って試合を引っくり返し、終わって見れば4点もの大差が付いた。

前半に3選手が負傷交代するアクシデントがあったとはいえ、今シーズンを通じて大きな課題となっていた守備の崩壊によってグダニスク行きの可能性がほぼ消滅したローマ。さらに、先週末のセリエAではサンプドリアに0-2の完敗を喫し、来シーズンのEL出場権獲得も絶望的となった。

これにより、4日には今シーズン限りでのフォンセカ監督の退任が決定。さらに、先月にトッテナムの指揮官を解任されたばかりのジョゼ・モウリーニョの来季新監督招へいという衝撃的なニュースが舞い込んだ。すでに来季に向けた動きを見せ始めるクラブにとって、今季残りの目標は宿敵ラツィオとのデルビー勝利のみと言えるが、ユナイテッド相手に一矢報いる公式戦7戦ぶりの白星を手にして意地を見せたいところだ。

一方、ユナイテッドは2つのアウェイゴールを与えこそしたものの、圧巻のゴールショーで2016-17シーズン以来のELファイナル進出をほぼ確実なモノとした。

ただ、クラブを巡ってはヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に同意したオーナーのグレイザー・ファミリーに対するサポーターからの批判が高まっており、2日に開催予定だったプレミアリーグのリバプール戦前には一部の過激なサポーターがオーナー一家の退陣を要求し、オールド・トラフォードのスタジアム内への不法侵入やスタジアム周囲での過激な抗議活動を行った結果、開催延期となる事件が発生した。

これにより、チームは9日にアストン・ビラ戦、11日にレスター・シティ戦、13日にリバプール戦と5日間で3つのリーグ戦を戦う超過密日程を強いられることに。すでに来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権はほぼ確保しているが、シーズンを良い形でフィニッシュするためにも今回の一戦できっちり結果を残したいところだ。

なお、両者の勝ち抜けの条件はユナイテッドが引き分け以上で文句なし。さらに、3点差以内での敗戦、アウェイゴール3つ以上奪っての4点差負けでも突破が決まる絶対的優位。一方、ローマは4-0、5-1か、5点差以上での勝利が逆転突破の条件だ。ちなみにユナイテッドの今季最多失点試合はトッテナム戦での1-6、ローマの最多得点差試合はELクルージュ戦の5-0だ。

◆ローマ◆
【3-4-2-1】
ローマ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ミランテ
DF:マンチーニ、スモーリング、イバニェス
MF:カルスドルプ、クリスタンテ、ビジャール、ブルーノ・ペレス
MF:ペッレグリーニ、ムヒタリアン
FW:ジェコ

負傷者:GKパウ・ロペス、DFカラフィオーリ、MFザニオーロ、スピナッツォーラ、ディアワラ、ヴェレトゥ、FWペドロ、エル・シャーラウィ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては1stレグで負傷したパウ・ロペス、スピナッツォーラ、ディアワラ、ヴェレトゥの4選手が新たに負傷者リストに名を連ねている。

スタメンに関しては1stレグから前述の4人の負傷者に代わってミランテ、ブルーノ・ペレス、ビジャールと、サスペンション明けのマンチーニが代役を担う。システムに関しては直近のサンプドリア戦で採用したジェコとマジョラルを2トップに配した[3-5-2]も想定されるが、前述の並びとスタメンが濃厚だ。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】
マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:デ・ヘア
DF:ワン=ビサカ、バイリー、マグワイア、ショー
MF:マクトミネイ、フレッジ
MF:グリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、ポグバ
FW:ラッシュフォード

負傷者:DFフィル・ジョーンズ、MFダニエル・ジェームズ、FWマルシャル
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては1stレグから新たにダニエル・ジェームズが負傷し、招集外となった。

スタメンに関しては延期となったリバプール戦が13日に日程変更となった影響でリーグ戦が超過密日程となっており、スールシャール監督としてはより難しい用兵を強いられる。

今回の一戦を含め、アストン・ビラ戦、レスター戦、リバプール戦とどの試合にプライオリティーを置くかで人選に大きな変更が加えられる可能性が高い。ひとまず5枚の交代カードが切れる今回の一戦ではメンバー変更を最小限に留め、展開次第で早い時間帯のメンバー変更を行うと見る。

★注目選手
◆ローマ:FWエディン・ジェコ
Getty Images
ローマの注目プレーヤーはユナイテッドキラーのジェコだ。かつてユナイテッドのライバルであるマンチェスター・シティに在籍していた35歳のベテランストライカーは、ヴォルフスブルク在籍時も含めて対ユナイテッドの公式戦10試合で8ゴール2アシストと圧巻の数字を残している。1stレグでもその相性の良さを証明する形で1ゴールを挙げていた。また、1stレグではチーム全体が苦しい戦いを強いられた中、確度の高いポストワークやチャンスメークで奮闘を見せており、今回の一戦におけるキーマンと言えるはずだ。

確執が公となっていたフォンセカ監督の今季限りでの退団によって、来季以降のクラブ残留の可能性も出始めた中、元カピターノとしての意地にも期待したいところだ。

◆マンチェスター・ユナイテッド:FWメイソン・グリーンウッド
Getty Images
ユナイテッドの注目プレーヤーは進境著しい19歳の若武者。今シーズン序盤はフィニッシュの精度、判断を欠きなかなかゴール数が伸びてこなかったグリーンウッドだが、世界屈指の点取り屋カバーニとの日々の研鑽を通じてゴールを奪うコツを掴んだか、今年3月半ばを過ぎてからリーグ戦の3試合連続ゴールを含む公式戦6ゴールとゴールを量産中。17ゴールを奪った昨季に続き公式戦のゴール数を2桁に乗せた。

19歳にしてトップチーム通算99試合に到達したイングランド代表FWは、当初リバプールとのビッグマッチで100試合のメモリアルゲームを迎えるはずだったが、思わぬ横やりによってローマ戦での100試合達成が濃厚だ。前回対戦では試合終盤の投入でダメ押しの6点目を挙げており、今回の対戦では2戦連続ゴールで自身の偉業に花を添えたい。