今シーズン限りでのマンチェスター・シティ退団が決定しているアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロだが、イアン・ライト氏はチェルシー移籍を勧めている。イギリス『デイリー・メール』がコメントを伝えた。

3月末に今シーズン限りでのシティ単弾を表明したアグエロは、その去就が注目されている。プレミアリーグ残留を希望しているとの噂もある一方、バルセロナがすでに個人合意に達したと報じるメディアもある。

それでも不透明な状況にある中で、アーセナルやイングランド代表のレジェンドであるイアン・ライト氏はチェルシー移籍を推奨。中盤の選手のクオリティが、再びアルゼンチン代表FWのポテンシャルを目覚めさせることができると確信しているようだ。

「彼はチェルシーに行くべきだ。マンチェスター・ユナイテッドのエディンソン・カバーニや、その背後にいる選手たちのペースを見ていると、アトレティコ・マドリーのルイス・スアレスを見ているようだ」

「チェルシーでアグエロがトップに立ち、その周りをメイソン・マウントやカイ・ハヴァーツ、カラム・ハドソン=オドイやクリスチャン・プリシッチが固めるところを想像できるかい? 25ゴールは決めるだろう」

「私がチェルシーのスタッフで彼を無料で手に入れることができるのなら、迷わず動く」