セリエA10連覇を逃したこともあり、去就が騒がしいユベントスのアンドレア・ピルロ監督。その後任候補に2人の名前が浮上している。

イタリア『トゥットスポルト』によると、ピルロ監督は今シーズンの結果に関係なく解任される可能性があるとのこと。トップ4を守り、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保することは至上命令だが、それだけでは安心できないという。

その後任候補に挙がっているのは、現役時代はユベントスでもプレーし、現在はレアル・マドリーを指揮するジネディーヌ・ジダン監督と、ピルロ監督とは名コンビを組んでいたナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督だという。

ジダン監督に関しては、アンドレア・アニェッリ会長が長年夢見たことであり、マドリーの監督に復帰する前に招へいを目論んでいたこともある。

しかし、ユベントスには障壁があり、ジダン監督が現在マドリーで受け取っている1200万ユーロ(約15億8000万円)の年俸がネックとなりそうだ。

一方で、今シーズン限りでナポリの監督を退任するとみられるガットゥーゾ監督はジダン監督よりははるかに安く雇える状況だ。

ユベントスは、マッシミリアーノ・アッレグリ氏を再度招へいする可能性も出ているが、スポーツ・ディレクター(SD)のファビオ・パラティチ氏とパベル・ネドベド副会長の退任が必要になると見られており、なかなか踏み出せない状況だ。

何れにしてもピルロ監督の立場は危うくなっており、来シーズンも指揮を継続して執るのだろうか。