ラ・リーガ第35節、バルセロナvsアトレティコ・マドリーが、日本時間8日23:15にカンプ・ノウでキックオフされる。逆転首位浮上を狙うブラウグラナと、首位堅持を狙うロヒブランコによる激戦必至の首位攻防戦だ。

2シーズンぶりのラ・リーガ制覇を狙うバルセロナ(勝ち点74)は2021年に入って2度の大型連勝を飾るなど、最も多くの勝ち点を積み上げてマドリードの2強を猛追。先月29日に行われた第33節延期分のグラナダ戦での痛恨の逆転負けで首位浮上の絶好機を逸するが、直近のバレンシア戦ではFWメッシのドブレーテの活躍などによって3-2で競り勝ち、2ポイント差の3位でホーム開催の首位攻防戦を迎えることになった。

一方、開幕から攻守両面で圧倒的な戦いぶりを見せ、一時は2位以下に10ポイント以上の差を付ける独走態勢に入っていたアトレティコ(勝ち点76)。だが、今年2月以降は度重なる負傷者や対戦相手の対策による得点力不足もあって急失速。前々節のアスレティック・ビルバオ戦での敗戦により、首位陥落の危機を迎えたが、前述のグラナダのアシストによりその危機を回避。さらに、前節のエルチェ戦では1点リードの試合終了間際にPKを与える大ピンチを招いたが、相手キッカーのシュートミスによって辛くも首位キープに成功した。

なお、今回の大一番ではアトレティコが勝利した場合、首位キープが確実となる。しかし、引き分けやバルセロナの勝利に終わった場合、バルセロナと同勝ち点で並ぶ2位のレアル・マドリー(勝ち点74)が翌日にセビージャに勝利した場合、両チームとの当該成績で優位に立つ昨季王者が首位に浮上する複雑な状況だ。

そのため、アトレティコは敵地で勝ち点3を狙いに行く必要があり、バルセロナとしても残り3試合でのシビアな戦いにおいてアトレティコとの当該成績が重要となるため、今回の一戦では勝利且つ2点差での勝利が求められるところだ。

昨年11月の前回対戦では攻守両面で圧倒したアトレティコがMFカラスコの決勝点によって1-0のスコア以上の完勝。2011年の就任以降、リーグ戦18試合目にして対バルセロナ初勝利を収めたが、今季2度目の結末はいかに…。

◆バルセロナ◆
【3-5-2】
バルセロナ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:テア・シュテーゲン
DF:ミンゲサ、ピケ、ラングレ
MF:デスト、デ・ヨング、ブスケッツ、ペドリ、ジョルディ・アルバ
FW:メッシ、グリーズマン

負傷者:MFコウチーニョ、FWアンス・ファティ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しても今季絶望のコウチーニョ、アンス・ファティを除き全選手が起用可能な状態だ。

システムに関しては[3-5-2]の継続を予想するが、ウスマーヌ・デンベレをスタートから起用する[4-3-3]の可能性も十分にある。スタメンに関してはデンベレのスタートの可否に加え、右サイドの人選にも注目。前回対戦で苦戦したカラスコへの対策としてミンゲサ、デストのコンビを予想したが、アラウホ、セルジ・ロベルトの起用もありそうだ。

◆アトレティコ・マドリー◆
【3-5-2】
アトレティコ・マドリー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:オブラク
DF:サビッチ、ホセ・ヒメネス、エルモソ
MF:トリッピアー、マルコス・ジョレンテ、コケ、レマル、カラスコ
FW:スアレス、コレア

負傷者:なし
出場停止者:なし

出場停止者、負傷者ともにおらず、フルスカッドで大一番に臨める。

シーズン後半戦では可変式の複数布陣を採用しており、各自の立ち位置も試合ごとに変更されているが、[3-5-2]の布陣で臨むとみる。スタメンに関してはロージやエレーラ、サウールにも起用の可能性がある。

★注目選手
◆バルセロナ:FWアントワーヌ・グリーズマン
Getty Images
バルセロナの注目プレーヤーは古巣相手にリーグ戦初ゴールを狙う元エースストライカー。失意の加入1年目を経て捲土重来の2年目に臨んだフランス代表FWは、今季ここまで公式戦47試合19ゴール12アシストと頼れるエースに次ぐ数字を残し、前線の主役の一人としてチームを牽引。とりわけ、[3-5-2]の布陣をベースにし始めたシーズン終盤戦ではレ・ブルーで見せるような自由度の高いプレーで周囲と良い絡みを見せながら、フィニッシュの局面で存在感を放っている。

逆転でのラ・リーガ制覇に向けて勝ち点3奪取必須の首位攻防戦では、絶好調のエースへの徹底監視が想定されており、ペドリとデ・ヨングのインテリオール2枚と共にグリーズマンがいかに決定的な仕事に絡めるかが、勝利のカギを握る。バルセロナ加入以降の3試合を含め、対アトレティコのラ・リーガ11試合では未だに無得点が続いてるが、今季公式戦20点目となる古巣への初恩返し弾を期待したい。

◆アトレティコ・マドリー:FWルイス・スアレス
Getty Images
アトレティコの注目プレーヤーはカンプ・ノウ初凱旋の元エースストライカーだ。クラブ首脳陣とクーマン監督との確執によって昨夏バルセロナを追われてマドリードに新天地を求めた34歳FWは、ここまでラ・リーガ28試合の出場で19ゴールを挙げる見事な活躍を披露。2シーズンぶりのリーグ制覇を狙う古巣の前に大きく立ちはだかっている。

ホームで行われた前回対戦では新型コロナウイルス感染によって古巣初対戦はならずも、今回の首位攻防戦での出場は決定的だ。直近の出場3試合では筋肉系のケガの影響もあり、全体的にキレを欠いているが、チャンスを嗅ぎ分ける嗅覚、最後の局面で仕留め切る決定力は健在。因縁のオランダ人指揮官のベンチ入りは微妙なところだが、その眼前で首位攻防戦勝利をもたらす今季リーグ20点目を決めたい。