【明治安田生命J1リーグ第13節】
2021年5月9日(日)
17:00キックオフ
鹿島アントラーズ(15pt/10位) vs FC東京(15pt/11位)
[県立カシマサッカースタジアム]

前節はアウェイで快勝した鹿島と、ホームで完敗を喫したFC東京の一戦。

勝ち点で並ぶ両者だが、上位に浮上するには負けられない一戦となる。

◆上位との対決を前に勢いを【鹿島アントラーズ】

前節は横浜FCとアウェイで対戦し、0-3で快勝。前半で2ゴールを奪うと、終盤にも加点し、危なげなく勝利を収めた。

相馬直樹新監督を迎えてからのリーグ戦3試合は2勝1分け。監督交代の結果が出ていると言って良いだろう。あとは継続あるのみだ。

ボールを握って繋いでいくスタイルを継続しているが、同じタイプの相手は得意ではない。そのため、このFC東京戦は1つのターニングポイントになる可能性がある。

さらに、この先の相手がハードスケジュールに。名古屋グランパス、横浜F・マリノス、サガン鳥栖、セレッソ大阪、川崎フロンターレと、上位陣との連戦が。この上位陣との試合が今シーズンの行方を大きく左右することになるだけに、まずはFC東京をしっかりと叩いておきたいところだ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK沖悠哉
DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也
MF:レオ・シルバ、三竿健斗
MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、土居聖真
FW:染野唯月
監督:相馬直樹

◆苦しい4連敗、脱出への道は守備【FC東京】

前節はホームに横浜F・マリノスを迎えての一戦となったが、結果は0-3で完敗。力の差を見せつけられてしまう形となった。

気が付けば4連敗。順位も11位とボトムハーフに転落。優勝を掲げて臨んだシーズンとしては、全くもって想定外の結果と言えるだろう。

今シーズンの大きな課題は守備の不安定さ。失点数が多いこともあるが、ピッチ上で見られるミスが多く、良い守備からリズムを作ることがほとんどできていない。

攻撃陣も元気が無く、決定的な仕事ができていない状況。チーム全体としてのリズムが好調時とは違い、そのためにも守備をしっかりと立て直していきたいところだ。

勝ち点で並ぶ鹿島との一戦。似たスタイルを掲げているだけに、守備がしっかりとハマれば結果は自ずとついてくるはず。一方で、ハマらなければ無残に敗れる可能性もあるだけに、しっかりと守備から入っていきたい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:波多野豪
DF:岡崎慎、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川諒也
MF:東慶悟、安部柊斗、森重真人、アダイウト
FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラン
監督:長谷川健太