パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがブチギレた。

フランス・プロリーグ機構(LFP)の懲戒委員会は14日、ネイマールに対して、モナコとのクープ・ドゥ・フランス決勝の出場停止処分を発表した。

13日の準決勝でモンペリエと対戦したPSG。この試合にネイマールは86分に途中出場。しかし、90分にイエローカードを提示されていた。

退場したわけではないネイマール。クープ・ドゥ・フランスでも通算で1枚しかイエローカードをもらっていない状態だったが、リーグ・アンでの出場停止処分に付随していた執行猶予が消滅してしまったのだ。

ネイマールは4月3日に行われたリーグ・アン第31節のリール戦で退場処分。その際に2試合の出場停止処分に加え、執行猶予で1試合の出場停止処分が下されていた。

ストラスブール戦、サンテチェンヌ戦で2試合の出場停止を消化したネイマール。その後リーグ戦3試合に出場していたが、モンペリエ戦での要らぬイエローカードで執行猶予中の1試合の出場停止が発動。これが19日に予定されているクープ・ドゥ・フランスの決勝に適用されることとなった。

すると、この処分についてネイマールが自身のインスタグラムで不満を爆発。ストーリーズを更新し、ブチキレていた。

「フランスで処分のルールを作った人が考えていることを理解したい!これは拍手喝采に値するよ。メチャクチャだ」