インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクはチームが勢いに乗るきっかけとなった試合について語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

インテルは1日に行われたセリエA第34節のクロトーネ戦で勝利を収めると、翌日の試合で2位アタランタが引き分けたことにより、11年ぶり19度目のスクデット獲得が決定。その後も連勝を続けており、残り2試合の時点で2位に13ポイント差をつけるなど、圧倒的な強さを見せている。

今季エースとして公式戦42試合28ゴール10アシストを記録しているルカクは『DAZN』のインタビューに応じた際、快進撃のきっかけとなった試合について言及。3-0で勝利したセリエA第9節のサッスオーロ戦がチームにとって良いきっかけになったと明かした。

「スクデットへの道はサッスオーロ戦から始まったんだ。プレーの仕方を変え、よりコンパクトな陣形になった。あの試合はラウタロ(・マルティネス)とアレクシス(・サンチェス)が先発でプレーして、僕はベンチにいたね。でも、すぐチームが一つになっていることがわかった」

「その後はミランやアタランタ、ラツィオとの試合が待っていた。昨シーズンに比べ、強豪との直接対決で多く勝つことができたと思う。僕たちはより強くなったと示せた。アタランタ戦に勝利した後、僕は自分に言い聞かせたよ。『よし、僕らは本当にスクデット獲得に向かっているんだ』とね」

また、ルカクはインタビューの中で、2トップを組むことの多いL・マルティネスにも言及。良い関係が築けていることを強調している。

「ミラノ・ダービーに向けた準備期間の1週間、非常に高いレベルのトレーニングを行った。ラウタロとは『この試合は絶対に負けられない、そんなことは不可能だ』と冗談を言い合ったよ」

「初めてラウタロを見たとき、彼は父親と一緒にいた。僕は彼に、『2年以内に一緒にトロフィーを勝ち取ろう』と言ったんだ。僕らはチームのために働いている。もし彼がより良いポジションにいると気づけば、常に彼にパスを出すよ」