大宮アルディージャは15日、GKフィリップ・クリャイッチの負傷を発表した。

クリャイッチは9日に行われた明治安田生命J2リーグ第13節のザスパクサツ群馬戦に先発出場。しかし、後半早々自陣から前線にフィードを送った際に負傷。そのまま担架で運び出されていた。

クラブの発表によると、クリャイッチは右ヒザ前十字じん帯断裂と診断。全治は8カ月になるとのことだ。

また、手術を受けるため、18日に帰国することも発表されている。

クリャイッチはパルチザン・ベオグラードから2020年に加入。昨シーズンは明治安田J2で22試合に出場。今シーズンは開幕からGK上田智輝が守護神を務めていたが負傷離脱。その後、クリャイッチがゴールを守り7試合に出場していた。