スウェーデン代表を率いるヤンネ・アンデション監督は15日、ミランに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチが今夏に行われるユーロ2020を欠場することを明かした。

イブラヒモビッチは9日に行われたセリエA第35節ユベントス戦で左ヒザを負傷。66分に交代を強いられていた。

当初は3週間ほどの離脱と報じられていたが、ミランは手術の必要こそないものの保存療法で6週間ほどの治療が必要だと発表していた。

アンデション監督はイブラヒモビッチとのやり取りについて「今日話をしたが、残念ながらユーロに出場することはできないと言われた。ズラタンにとっても悲しいことだが、我々も同じ思いだ。一日も早く彼がピッチに戻ってくることを願っているよ」とコメントしている。

イブラヒモビッチは今年3月のカタール・ワールドカップ欧州予選で5年ぶりに代表に復帰。2試合で2アシストを記録し、ユーロでの活躍が期待されたが、度重なる負傷に阻まれることになった。