レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がアスレティック・ビルバオ戦の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

ラ・リーガ2位のマドリーは16日、第37節でビルバオと対戦。前半をゴールレスで終えたものの、68分にDFナチョ・フェルナンデスが先制点を挙げた。その後は試合をコントロールし、相手に退場者が出る中で1-0のまま、逃げ切っている。

完封勝利を飾ったマドリーは、オサスナに競り勝った首位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追走。アトレティコの結果次第ではあるものの、ビジャレアルとの最終節に逆転優勝の可能性を残した。

試合後、ジダン監督は「今日の勝ち点3は、我々にとってとても重要だ」とコメント。この一戦の勝利を喜びつつも、逆転優勝に向けて意気込んだ。

「我々はまだ生き残っているし、最後の最後まで全力を尽くすつもりだ」

「多くの困難を抱えながらも、我々は戦い続けている。レアル・マドリーは、過去に2度も最終節で優勝できるチャンスを逃しているが、今回は最後の最後で勝利を掴みたいと思っている。我々は、リーグタイトルを獲得するためにすべてを捧げる」

また、決勝点を挙げると同時に、無失点での勝利に大きく貢献したナチョについても言及。「彼はここでキャリアを終えるべきだということがよくわかった。彼のパフォーマンスは素晴らしく、長い間ピッチ上で全力を尽くしてきた。レアル・マドリーにいる価値がある選手だと思う」と、クラブの生え抜きプレーヤーに賛辞を送った。