ライプツィヒは19日、ハンガリー代表MFドミニク・ショボスライ(20)と2026年6月まで契約を延長したことを発表した。今年1月にザルツブルクから加入した際の契約から1年更新した格好だ。

ザルツブルクやハンガリー代表でインパクトを残し、2000万ユーロの移籍金でライプツィヒに加入したショボスライだったが、内転筋を痛めて長期離脱し、ライプツィヒでのデビューはお預けとなっている。

ただ、先週からチームトレーニングに復帰しており、ユーロ2020に向けたハンガリー代表のメンバーに含まれ、本大会での出場が期待されている。

加入から半年で契約延長に至ったショボスライは公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ライプツィヒでの最初の半年はイメージしていたものとは違った。シーズン後半、チームの助けになることが目的だったが、うまく行かなかった。ただ、ケガは治ったし、新シーズンに向けては完全な状態で臨める。死に物狂いでやるよ。加入当初から困難な状況にあった僕をクラブは全面的にサポートしてくれた。そしてこんな状況でクラブは契約延長をしてくれた。クラブと共に成功したいと強く思っているよ」