チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)が、今季でクラブを退団する可能性が高い。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

7歳からチェルシーの下部組織に所属し、現在憧れの9番を着けているエイブラハム。昨年は、フランク・ランパード監督の下で主力として公式戦47試合で18ゴールで、チームの主力として活躍していた。そして今季も、ここまで公式戦32試合12ゴール6アシストで、チームトップタイのゴールを記録している。

しかし、トーマス・トゥヘル監督就任以降は出場時間が僅か230分しかなく、14日に行われたFA杯決勝レスター戦では、「ベンチに9番を3人も置かない」という考の下、指揮官の構想に入ることはなかった。

エイブラハムは、今夏に退団する可能性が高くなっており、レスター・シティとウェストハムが興味を示しているが、チェルシーの提示している4000万ポンド(約61億7,760万円)という金額は、受け入れられないだろう。






チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)が、今季限りで退団する可能性が高いようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

7歳からチェルシーの下部組織に所属し、現在は憧れの9番を着けているエイブラハム。昨季は、フランク・ランパード監督の下で主力としてプレーし、公式戦47試合で18ゴール6アシストを記録。チームの主力として活躍していた。

今季も、ここまで公式戦32試合12ゴール6アシストを記録し、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーと並びチームトップタイのゴールを記録している。

しかし、今年1月にトーマス・トゥヘル監督が就任以降はケガなどの影響もあり出場時間が限られ、僅か230分。リーグ戦での先発出場はなく、14日に行われたFA杯決勝のレスター・シティ戦では、「ベンチに9番を3人も置かない」というトゥヘル監督の考えによりメンバー外となっていた。

昨シーズンのチーム得点王でありながら、不遇をかこつエイブラハムは、予てから去就が騒がれていたが、今夏退団することが決定的になったと報道。また、レスターとウェストハムが興味を示しているとされている。

一方で、チェルシーはエイブラハムの移籍金を4000万ポンド(約61億7760万円)と設定しているが、今の状況では手を挙げるクラブはないと見られている。

幼少期からチェルシーにキャリアを捧げてきたエイブラハムだが、来シーズンもトゥヘル体制で出番が来ることはかなり限られており、今夏ついに愛するクラブを離れることになりそうだ。