23日、明治安田生命J1リーグ第15節のセレッソ大阪vsサンフレッチェ広島がヤンマースタジアム長居で行われ、1-2で広島が勝利した。

前節はヴィッセル神戸と対戦し、試合終盤に追いつかれたC大阪と、ホームに徳島ヴォルティスを迎え0-1で敗れた広島の対戦。

C大阪は神戸戦からスタメンを2名変更。丸橋祐介、豊川雄太に代えて、新井直人、高木俊幸が起用した。

対する広島は5名を変更。今津佑太、東俊希、エゼキエウ、茶島雄介、永井龍が外れ、荒木隼人、藤井智也、青山敏弘、柏好文、ジュニオール・サントスを起用した。

この試合はヤンマースタジアム長居で行われたが、C大阪の本拠地はヨドコウ桜スタジアムに6月から変更。長居での試合は実質ラストマッチとなる。

試合は立ち上がりにC大阪がチャンス。1分、左サイドを持ち上がった高木からのクロスをボックス内中央で加藤がヘッド。しかし、これはシュートにならないと広島がクリア。こぼれ球を奥埜がダイレクトでシュートを狙うが、枠を外れる。

10分に広島は決定機。スローインのボールを柏が受けると、ボックス手前の距離があるところかミドルシュート。枠を捉えるが、GKキム・ジンヒョンが横っ飛びでセーブする。

広島は14分にも決定機。カウンターを仕掛けると右サイドをドリブルで持ち上がったジュニオール・サントスが相手をかわしボックス内へ。しかし、シュートを放つのに時間がかかり、ダンクレーにブロックされる。

押し込む広島は17分にも決定機。右サイドを突破した柏がボックス内からシュート性のクロスを入れるがGKキム・ジンヒョンがセーブ。こぼれ球を藤井がシュートもブロックされる。

C大阪は前からのプレスや裏を狙う動きで広島ゴールを目指していくが、なかなか決定機は迎えられず。広島はボールを動かしていなしていく。

それでもC大阪は26分、自陣の左サイドでボールを奪うと、高木が前線へフィード。これを加藤が受けてシュートに持ち込むが、これは決まらない。

広島は33分に決定機。荒木のクリアボールが繋がると、抜け出したジュニオール・サントスの下へ。独走しボックス内でシュートを放つも、左ポストを叩いてゴールとはならない。

35分にも広島はチャンス。FKから浅野がゴール前にクロスを送ると、ファーサイドに飛び込んだ野上がヘッド。これは枠に飛ぶが、GKキム・ジンヒョンがわずかに触り得点を許さない。

38分には藤井が左サイドからカットインしてシュート。これは枠を捉えるが、再びGKキム・ジンヒョンが横っ飛びでセーブする。

ゴールレスで前半を終えた試合。C大阪はチアゴに代えて瀬古歩夢を投入する。

すると後半早々に得たCKからC大阪が先制する。47分、左CKから清武がクロスを上げると、これがゴールへ向かうボールに。これをGK大迫がパンチングで逃げようとするが空振り。ボールは荒木に当たると、こぼれ球を奥埜が押し込み、C大阪が先制する。

先制を許した広島だったが50分にすぐさま追いつく。右CKから森島がクロスを送ると、ニアサイドで野上がフリックしたボールをジュニオール・サントスが押し込み、同点に追いつく。

さらに59分には自陣でボールを持ったジュニオール・サントスがダンクレーに掴まれながらも倒れずにドリブルで侵攻。スルーパスを出すと、抜け出した浅野がGKキム・ジンヒョンとの一対一でサイドに流れながらも空いたゴールに蹴り込み、逆転に成功する。

しかし、このゴール後にVARが介入。広島のカウンターの前に荒木の対応がハンドではないかと疑われ、5分以上中断。しかし、VARオンリーレビューの結果、ハンドや浅野のオフサイドは認められず、ゴールが認められた。

逆転されたC大阪は加藤と高木を下げて、豊川雄太と原川力を投入。原川はケガで日本代表と辞退して以来の出場となった。

追いつきたいC大阪だが、広島ゴールを目指して迫るも、広島の堅い守備の前に決定機を迎えられない。

豊川に良いボールが入るシーンは何度かあるも、佐々木や荒木の粘り強い守備で広島はゴールを許さない。

VARのチェックの関係で10分間というアディショナルタイムが用意されると、C大阪が完全に押し込む展開に。しかし、最後まで広島が粘りを見せ、1-2で勝利を収めた。

セレッソ大阪 1-2 サンフレッチェ広島
【C大阪】
奥埜博亮(後2)
【広島】
ジュニオール・サントス(後5)
浅野雄也(後14)