2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝、マンチェスター・シティvsチェルシーが日本時間5月29日28時からポルトガル・リスボンのエスタディオ・ド・ドラゴンで開催される。初のファイナル進出で悲願のビッグイヤー獲得を目指す今季のプレミアリーグ王者と、2011-12シーズン以来2度目の優勝を目指すチェルシーによる、イングランド勢対決のファイナルだ。

本稿ではファイナリスト2チームの今シーズンここまでの勝ち上がりを振り返っていく。

◆チェルシー
2020-21シーズンCL戦績
8勝1敗3分け
22得点4失点

◆前指揮官ランパードの下で無敗突破!
Getty Images
ベスト16で敗退となった昨季からのステップアップを目指した今シーズンのグループステージでは昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャ、いずれもグループステージ初出場となったスタッド・レンヌ、FCクラスノダールと同居したグループEに入った。

ランパード体制2年目という戦術面の浸透に加え、昨夏の移籍市場でFWヴェルナー、MFハヴァーツ、DFチルウェルら超大型補強を敢行したチームは戦前の予想通り、順当に首位通過を果たした。

初戦はライバルのセビージャと引き分けスタートとなったものの、そこからは格下相手に3連勝を収めて突破に王手をかけると、ライバルとの再戦となった第5節ではFWジルーの4ゴールを挙げる活躍によって4-0の快勝。積極的にターンオーバーを敢行しつつ、余力を残しての4勝2分けの無敗突破となった。

グループステージ結果

チェルシー 0-0 セビージャ
クラスノダール 0-4 チェルシー
チェルシー 3-0 レンヌ
レンヌ 1-2 チェルシー
セビージャ vs チェルシー
チェルシー 1-1 クラスノダール

◆新指揮官トゥヘルの下で優勝候補に完勝!
Getty Images
前述のようにグループステージでは見事な戦いを披露したチェルシーだが、今年2月のラウンド16ではランパード監督ではなく、トゥヘル新監督の下で難敵アトレティコ・マドリーと対戦することになった。

今年1月末にプレミアリーグ9位転落という成績不振を理由にクラブレジェンドに見切りをつけて、パリ・サンジェルマン(PSG)で同じくグループステージ突破を果たしながらリーグ戦の成績不振を理由に解任されたドイツ人指揮官を招へいしたブルーズ。これに対して、アトレティコはラ・リーガで首位を快走している絶好調の状態にあったことで、下馬評ではチェルシーの敗退を予想する声が多く挙がっていた。

しかし、就任以降の公式戦7試合を5勝2分けの無敗、且つ失点はわずかに「2」と堅守のチームに変貌した新生ブルーズは、アトレティコ戦では相手のお株を奪うソリッドな戦いを披露。共に中立地ブカレスト開催となった中、アウェイ扱いの1stレグでは相手が守備時に6バックに近い形で消極的な戦いを選択した中、カウンターを防ぎつつボールを握って主導権を握り続けると、後半半ば過ぎの68分には先発に抜擢されたジルーが圧巻のバイシクルシュートでGKオブラクが守るゴールをこじ開け、アウェイゴールを奪っての会心の1-0の勝利を飾った。

さらに、2ndレグではMFジョルジーニョ、MFマウントという中盤の主力2人を出場停止で欠く中で、代役を担ったMFカンテとツィエクが躍動。前者が守備でカバーリング、対人戦共に完璧な対応を見せた上、相手のプレスをいなすボールの運びというプラスアルファまでもたらす1.5人分の仕事をこなせば、後者は値千金の先制ゴールを奪取。また、持ち味の堅守で相手にほとんど決定機を作らせず、後半ラストプレーでは投入されたばかりのDFエメルソンがトドメの追加点まで奪う完璧なパフォーマンスで、スコア以上の力の差を見せつける会心の勝ち上がりとなった。

ラウンド16結果

アトレティコ・マドリー 0-1 チェルシー
【チェルシー】
ジルー(後23)

チェルシー 2-0(AGG:3-0) アトレティコ・マドリー
【チェルシー】
ツィエク(前34)
エメルソン(後49)

◆今大会初黒星も、勝負所見極めて順当に突破!
Getty Images
前ラウンドでは最も対戦したくない相手を引き当てたが、準々決勝ではメガクラブとの対戦を避けて実力的にはやや劣るポルトという与しやすい相手との対戦となった。なお、コロナ禍で前ラウンドに引き続き2戦共に中立地セビージャでの開催に。

新体制移行後の安定したパフォーマンスもあり、下馬評では圧倒的優位が伝えられたものの、前ラウンドでユベントスを撃破したポルトガルの名門は一筋縄ではいかない相手だった。

アウェイ扱いの1stレグは互いにテンポが上がらない試合展開の中でやや劣勢を強いられたが、前半30分過ぎにマウントが相手の一瞬の隙を突き見事なターンから完璧なシュートを決めて貴重なアウェイゴールを奪取。以降は何度となくピンチを招く苦しい展開も、持ち味の堅守で凌ぐと、相手が積極的に交代カードを切って勝負に出たタイミングで、今度は相手のミスを突いたチルウェルが値千金の追加点を奪い、接戦を望外の2-0のスコアで終えた。

ホーム扱いとなった2ndレグでは試合を通して受け身に回る場面が多く、相手の守備陣の好パフォーマンスもあってなかなか狙いのカウンターを繰り出せない苦しい展開となった。それでも、ジョルジーニョ、カンテの2ボランチの攻守に渡る奮闘によって0-0の均衡を保った。試合最終盤にはFWタレミに一矢報いる見事なバイシクルシュートを叩き込まれて今大会初黒星を喫することになったが、1stレグのアドバンテージを生かして2戦合計2-1で逃げ切りに成功した。

準々決勝結果

ポルト 0-2 チェルシー
【チェルシー】
マウント(前32)
チルウェル(後40)

チェルシー 0-1(AGG:2-1) ポルト
【ポルト】
タレミ(後49)

◆マドリード勢連破で9年ぶりのファイナル進出!
Getty Images
9年ぶりのファイナル進出を目指して臨んだ準決勝ではセビージャ、アトレティコに続き今季3度目のスペイン勢にして、優勝候補のレアル・マドリーとの対戦となった。

戦前には五分五分、あるいは劣勢という見方が多かった中、敵地での1stレグは実力伯仲の1-1のドローとなった。前半はMFプリシッチが先制点を挙げるなど、主導権を握ったチェルシーだったが、ヴェルナーの痛恨の決定機逸の影響などもあって2点目を奪い切れず。すると、後半はジダン監督の攻守に渡る修正が嵌ったマドリーに押し返されて好調のFWベンゼマに同点ゴールを献上した。アウェイゴールを奪ってのドローというまずまずの結果を残すも、ややモヤモヤした中でタイムアップを迎える初戦となった。

しかし、決勝トーナメントに入って初めて戦ったスタンフォード・ブリッジでの2ndレグでは、まさに完勝というべき素晴らしいパフォーマンスを見せた。負傷明けのDFセルヒオ・ラモス、DFメンディをスクランブル起用し、ロンドン凱旋のFWアザールに固執したマドリー側の拙い采配はあったものの、攻守両面で高い強度を見せたトゥヘル率いるチームは、前半半ば過ぎにヴェルナーが1stレグでの失態を帳消しにする先制点を挙げれば、安定した最終ライン、ハヴァーツが存在感を放った攻撃陣と攻守にかみ合った戦いぶりで主導権を渡さず。そして、試合終盤の85分にはマウントが相手に引導を渡す追加点を奪い、2-0のスコア以上の実力差を見せつけて9年ぶりのファイナル進出を成し遂げた。

準決勝結果

レアル・マドリー 1-1 チェルシー
【レアル・マドリー】
ベンゼマ(前29)
【チェルシー】
プリシッチ(前14)

チェルシー 2-0(AGG:3-1) レアル・マドリー
【チェルシー】
ヴェルナー(前28)
マウント(後40)

チャンピオンズリーグ決勝「マンCvsチェルシー」を、5/29(土)にWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら