韓国代表としても活躍する北京国安のDFキム・ミンジェ(24)だが、ユベントス入りが決まったと報じられている。

ポルトガル『SIC Noticias』によると、キム・ミンジェはユベントスと加入で合意したとのこと。2025年6月までの契約を結んだとされ、契約解除条項に4500万ユーロ(約60億2000万円)が設定されているとのことだ。

キム・ミンジェは、190cmという長身もさることながら、足元の技術も高く、トッテナムやエバートンなどプレミアリーグのクラブを始め、ヨーロッパで注目を集めているCBだ。

北京国安とキム・ミンジェは2021年12月まで契約を結んでおり、今回のユベントス行きには2つのプランがあるとのことだ。

1つ目は、今夏ユベントスが獲得し、2022年1月まではサッスオーロにレンタル移籍するというもの。もう1つは、ユベントスと事前契約を結んだ上で、契約が満了するまで北京国安に滞在。2022年1月にフリーで移籍するものだ。

キム・ミンジェは全北現代モータースで公式戦60試合に出場し3ゴール1アシスト、北京国安では59試合に出場。韓国代表としても30試合に出場し3ゴールを記録している。