バルセロナは1日、マンチェスター・シティのスペイン代表DFエリック・ガルシア(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は2026年6月30日までとなり、契約解除条項は4億ユーロ(約535億9000万円)が設定されている。

クラブの発表によると、エリック・ガルシアはシティとの契約が満了したあと、7月1日から加入するとのことだ。

バルセロナのカンテラーノであるエリック・ガルシアは、日本代表MF久保建英(ヘタフェ)やFWアンス・ファティらとともにプレー。その後、2017年夏にシティの下部組織に入団していた。

2018年12月のEFLカップ準々決勝のレスター・シティ戦でファーストチームデビューを果たすと、2019-20シーズンにはプレミアリーグやチャンピオンズリーグでデビューも飾り、公式戦20試合に出場した。

しかしながら、今シーズンはベンフィカから加入したポルトガル代表DFルベン・ジアスの加入もあり、期待を大きく下回る公式戦12試合の出場のみとなっていた。