アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がローマ移籍に先進しているようだ。

2016年夏にボルシアMGからアーセナル入りしたジャカは公式戦通算220試合の出場で13得点20アシストをマーク。今季も本職の守備的MFとしてだけでなく、センターバックや左サイドバックとしても重宝され、公式戦45試合に出場した。

そんなジャカはミケル・アルテタ監督から信頼が厚く、アーセナルとの契約もまだ2年間も残るが、来季からローマを指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望。リクエストを受けたローマが獲得に乗り出しているといわれる。

イギリス『スカイ・スポーツ』によると、そんなローマはまだ合意に至ってこそいないが、アーセナルが見込む2500万ユーロ(約33億2000万円)の評価額に歩み寄っており、獲得に接近。ジャカとは個人条件で合意に達しているという。

2020年1月にヘルタ・ベルリン行きが迫りながらアーセナルに残留して、今に至るジャカ。アーセナルはスイス代表MFが抜けそうな中盤の補強として、ウォルバーハンプトンからポルトガル代表MFルベン・ネヴェスを狙っているといわれる。

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
>>詳しくはこちら