リバプールのスイス代表MFジェルダン・シャキリ(29)が、自身の去就について語った。イギリス『ミラー』が伝えている。

シャキリはバイエルン、インテル、ストークを経た後、2018年夏にリバプールへ加入。初年度は公式戦30試合に出場しており、プレミアリーグでも24試合6得点3アシストとまずまずの数字を残した。

しかし、以降はケガが重なり、出場機会が減少。今シーズンも公式戦22試合の出場にとどまっており、リーグ戦での先発出場はわずか5回。ほぼノーインパクトでシーズンを終えることになった。

こうした状況もあり、シャキリは出場機会を求め移籍先を探していると報じられている。現在スイス代表としてユーロ2020に出場しているシャキリは、試合に向けた公式会見のなかで去就について触れられた際、すべては大会終了後に決めると断言した。

「今は去就の噂について、あまり話したくないね。僕はリバプールで契約を結んでいる。まずはユーロを終えた後で、代理人と話をしていくよ。状況をしっかり判断したうえで、どうするか決めていこうと思う」

なお、『ミラー』によると、シャキリの獲得にはマウリツィオ・サッリ監督の就任が決まったラツィオが関心を示しているようだ。しかし、レンタル移籍を望まないリバプールと、財政に余裕のないラツィオの間で合意ができるかは、不透明な状況になっている。


UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
注目のグループステージを放送中!
>>詳しくはこちら