レアル・マドリーのレジェンドであるホセ・マリア・グティエレス氏が、チームから退団が発表されたスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)にメッセージを送った。

マドリーは16日、セルヒオ・ラモスの今季限りでの退団を正式発表。17日にもフロレンティーノ・ペレス会長出席のもと、退団セレモニーを行うことを発表した。

2005年にセビージャから加入して以降、公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録したセルヒオ・ラモスは、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらしていた。

偉大なるキャプテンとして、マドリーの象徴的な存在にもなったセルヒオ・ラモスだが、最後は後味の悪い退団に。条件面が折り合わず、契約延長に至らなかった。

この退団を受け、現役時代にチームメイトとしてもプレーし、マドリーのレジェンドであるグティ氏が自身のツイッターで別れのメッセージを送っている。

「キャプテン、君が我々レアル・マドリーでキャリアを終えられなかったことは、全員にとって残念なことだ」

「君はその資格があった。でも、戻ってくることだろう。友よ、幸運を祈る」

マドリーでセルヒオ・ラモスが引退できなかったことを残念がったグティ氏だが、自身もマドリーでは引退できず。さらに、ラウール・ゴンサレス氏やイケル・カシージャス氏など、これまでもマドリーで長年尽くしてきた数多くの選手が、キャリアをマドリーで終えられておらず、セルヒオ・ラモスもそこに加わることとなった。



UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
注目のグループステージを放送中!
>>詳しくはこちら