ウエスカは18日、ナイキとのサプライヤー契約を発表した。契約期間は2021-22シーズンから4年間となる。

ウエスカは2018年からスペインのブランドであるケルメがユニフォームを提供していたが、契約を早期に終了した形だ。

ウエスカのマヌエル・トーレスCEOは、今回の契約に関して「ナイキブランドは私たちと同じ価値観を反映している。ファンに新しい魅力的な製品を提供することを楽しみにしている」とコメントした。

また「これは私たちのブランドのマーケティングと拡大のためにより多くの可能性を生み出すので、クラブにとって重要な合意である」と語り、今後のクラブのブランド価値向上に期待を寄せた。

なお、2021-22シーズンのユニフォームに関しては、間もなく発表があるとのことだ。

日本代表FW岡崎慎司も在籍するウエスカは、今シーズンからラ・リーガ昇格。しかし、序盤から降格圏に沈むと、7勝13分け18敗の18位に終わり、1年での2部降格が決定していた。



UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
注目のグループステージを放送中!
>>詳しくはこちら