元チェルシー監督のフランク・ランパード氏が、教え子であるフランス代表エンゴロ・カンテの問題点について言及した。イギリス『メトロ』が伝えている。

ランパード氏は2019年の夏に、自身がプレーヤーとして13年間在籍したチェルシーの監督に就任。2021年の1月に解任されるまでの18か月間、カンテと共に仕事をしてきた。

クラブレジェンドの下でも欠かせない存在だったフランス代表MFは、その後のトーマス・トゥヘル監督の下でも変わらず主力を張り、とりわけチャンピオンズリーグでは決勝戦を含む3試合連続MVPでビッグイヤーに大きく貢献した。

そのカンテの貢献度をランパード氏は「プライスレス」と絶賛。しかしながら唯一の欠点は、トレーニングでハードワークしすぎることだと認めている。

「彼はビッグゲームで活躍する選手だから、大舞台でのエンゴロの躍動は本当に見逃せない。あの特長では誰も彼と対戦したがらないだろう」

「彼が優れている最大の理由は、世界最高の破壊者であることだ。破壊者というのは、ボールを奪い返すことのこと。予測能力、密集して距離を詰めていくスピード、ボールを奪い返すためのエリアを残す能力を持っている」

「彼は想像される通りの人物で、演技は一切なく、とても謙虚で静か。あまり会話もしたがらない」

「何よりも難しかったのは、トレーニング中に彼を抑えようとすることだった。反対側のセッションで彼を放っておくと走りすぎてしまうので、引き戻さなければならなかった」

謙虚で努力家なエピソードがしばしば話題に上がるカンテ。指揮官の立場から見てもそれは同じのようだ。

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
注目のグループステージを放送中!
>>詳しくはこちら