ラ・リーガ2部に降格したエイバルは28日、MF乾貴士(33)ら主力7選手の退団を発表した。乾は2022年6月までエイバルと契約していた。

その他、退団するのはGKマルコ・ドミトロビッチ(29)、DFパウロ・オリベイラ(29)、DFホセ・アンヘル(31)、MFパペ・ディオプ(35)、MFペドロ・レオン(34)、FWセルジ・エンリク(31)の6選手。

エイバルによれば上記の7選手は2部降格によって契約を解除できる条項が付いていたとのことだ。

乾は2015年夏にエイバルに加入。2018-19シーズンこそベティスとアラベスでプレーしたものの、ラ・リーガのキャリア6シーズンのうち5シーズンをエイバルで過ごした。そのエイバルでは公式戦153試合に出場して14ゴール16アシストを記録。

2020-21シーズンはラ・リーガ28試合に出場して1ゴールに終わり、チームは最下位となって降格していた。


UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
注目のグループステージを放送中!
>>詳しくはこちら