レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が来シーズンに向け意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

レンジャーズは今シーズン、スコティッシュ・プレミアリーグで破竹の進撃を見せると、28勝5分けで無敗優勝を達成。10シーズンぶり55回目のリーグタイトルを獲得した。加えて、ヨーロッパリーグ(EL)でもベスト16入りを達成するなど、躍進を見せている。

チームに栄光をもたらし評価を高めているジェラード監督は、来シーズンどのような戦いを見せるかについてコメント。王座を守るため、積極的な姿勢を見せていきたいと意気込んだ。

「レンジャーズの将来について、とても楽観的でワクワクしている。私はこのチャンピオンの座を命がけで守り、2021-22シーズンは全力で攻撃したい。そして、新型コロナウイルスの規制緩和が許されるなら、すべてのファンがアイブロックスやアウェイゲームに戻ってきてくれることを願っている」

「私にとってこのクラブにいる意味とは、成功、トロフィー、そして前に進むためのハングリー精神と一貫性を維持することだ。そして、それが自分の中にあると感じられなくなった日が、フットボールに関わることをやめる日になると思う」

「サポーターの皆のため、最近のリーグ戦での成功をベースにしつつ国内カップ戦でもさらに向上したい。そして、ヨーロッパでも良い成績を残せるよう努力したいね。来シーズンは多くの課題があるがチームには新しい選手も揃っており、楽観的に、興奮して、信念を持って臨みたい」

また、ジェラード監督は今シーズンにあったプレッシャーについても言及。強いプレッシャーに晒されながらも、選手たちが一試合一試合を大切にしてくれたことを誇っている。

「さまざまな理由から、タイトルをアイブロックスに持ち帰らなければならないというプレッシャーがあった。街のライバル(セルティック)が記録的な連覇を目指していたことだけでなく、レンジャーズが王者になってから10年が経過しており、それはあまりにも長すぎた」

「いつもそうだが、今シーズン我々にとって重要だったのは、常に次の試合のことを考え、その先は考えないことだった。このクラブでは毎週のように勝たなければならないという要求と期待があり、一瞬たりともボールから目を離すことはできない」

「この12カ月、我々はグループとしてプレッシャーにうまく対処してきた。選手たちは、目の前の課題に立ち向かったと思う」

「3月6日にアイブロックスでセント・ミレンを破り、55回目のチャンピオンとなるためにあと一歩という結果になった。でもあの時、選手やスタッフの誰もがその試合を楽しみ、夢中になっていた。もちろん、私もそうだ」

「トロフィーを手にする前、ホームでアバディーンに4-0で勝ってリーグを終えられたことは、ケーキの上にいちごを乗せたようなものさ。私のサッカー人生の中で、最高に誇りに思える日の一つだった」

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
注目のグループステージを放送中!
>>詳しくはこちら