リヨンがアヤックスに所属するカメルーン代表GKアンドレ・オナナ(25)の獲得に動いているようだ。フランス『レキップ』が報じている。

今夏の移籍市場でアヤックス退団が有力視されるオナナにはアーセナル、インテルという2クラブからの関心が伝えられている。

しかし、『レキップ』が報じるところによれば、この争奪戦にリヨンが参戦しているようだ。

リヨンは新シーズンからピーター・ボス新監督が指揮を執ることになり、アヤックス時代にオナナを指導してきたオランダ人指揮官はクラブに対して同選手の獲得をリクエストしているようだ。

交渉に関してはアーセナルとインテルが先んじているものの、ドイツ代表GKベルント・レノ、元スロベニア代表GKサミール・ハンダノビッチと絶対的な守護神を抱える両クラブは出場機会の部分で交渉が難航しているという。

また、昨年10月に妻が処方されていた薬を誤って服用し、ドーピング違反による出場停止処分を科されたオナナは、処分期間が9カ月に短縮されたものの、2021年11月までプレーできない点が多くのクラブが獲得に二の足を踏む要因となっている。

さらに、同選手はカメルーン代表として2022年1月のアフリカ・ネーションズカップ出場の意向を示している点もマイナス材料だ。

そういった中、リヨンは前述の2つのマイナス材料を受け入れ、且つヨーロッパリーグとクープ・ドゥ・フランスでのプレーを確約しているという。そして、同選手の試合勘を養った後、2022-23シーズンは同年が契約最終年となるポルトガル代表GKアントニー・ロペスとポジションを争わせる意向を持っているとのことだ。

なお、オナナの関係者筋の情報によれば、リヨンとオナナの代理人はすでにコンタクトを取っており、選手自身は移籍に前向きな姿勢を見せているという。

ただ、現時点では他クラブからのオファーを吟味している段階で、早期に結論を出す可能性は低いようだ。

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
決勝トーナメントを放送中!
>>詳しくはこちら