名古屋グランパスは4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループG第5節でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)とバンコクのラジャマンガラ・スタジアムで対戦し、2-1で勝利した。

グループG第5節もう一試合の浦項スティーラース(韓国)vsラチャブリ(タイ)が引き分けに終わったため、この試合に勝利すればグループステージ突破の決まる名古屋は、直近のラチャブリ戦からスタメンを4人変更。柿谷や齋藤、稲垣、前田に代えて山﨑、阿部、米本、相馬をスタメンで起用した。

試合は開始早々に名古屋にチャンスが生まれる。3分、阿部のスルーパスでボックスみぎから侵入したマテウスがアダムに後方からのタックルで倒されPKを獲得。このPKをマテウスが難なくゴール右隅に沈めた。

幸先良く先制し主導権を握った名古屋は、ポゼッションでジョホールを大きく上回るが、なかなかシュートまで運べない時間が続く。25分には、ショートカウンターから阿部のラストパスをボックス左で受けた相馬に決定機が訪れたが、このシュートは左サイドネットに外れた。

それでも名古屋は28分、中盤でボールを受けた長澤が相手DFに削られながらも右サイドに展開するとボックス右手前で拾った阿部がカットインから左足一閃。得意のコントロールショットがゴール左に突き刺さった。

リードを広げた名古屋だったが、前半終盤に今大会初失点を喫する。42分、バイタルエリアでボールを受けたコービンが左足から強烈なミドルシュートを放つと、GKランゲラックの弾いたボールをラマダンに押し込まれた。

迎えた後半、名古屋は開始早々にマテウスが決定機を迎えるもシュートは枠の上に外れる。さらに48分にも左サイドを突破した相馬のラストパスからボックス内に進入したマテウスがシュートを放ったが、これは相手DFに当たり枠の左に逸れた。

リードする名古屋は、55分に山﨑、阿部、長澤を下げて柿谷、前田、稲垣を投入。しかし、次にゴールへ迫ったのはジョホールだった。62分、アヒヤールのスルーパスで抜け出したハズワンがボックス左から強烈なシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃。

ピンチを凌いだ名古屋は、直後の63分に前田の右クロスをゴール前で収めた相馬にチャンスが訪れたが、シュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。

その後はややジョホールに押し込まれる展開が続いたが、名古屋は持ち前の堅守を発揮し、同点弾を許さず。前半のリードを守り抜いた名古屋が5連勝で、グループステージ首位通過を決めた。

◆グループG順位表(7/5時点)
勝点(勝/引/負/得失)
1.名古屋 15(5/0/0/12)
2.浦項 10(3/1/1/4)
3.ジョホール・ダルル・タクジム 3(1/0/4/-6)
4.ラチャブリ 1(0/1/4/-10)

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
決勝トーナメントを放送中!
>>詳しくはこちら