リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が困難から立ち直ったマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアを称えた。イギリス『ミラー』が伝えている。

ユナイテッドのキャプテンであるマグワイアは昨年8月にバカンスで訪れていたギリシャのミコノス島で地元警察官に暴力を振るっただけでなく、騒動をなかったことにするため買収行為を持ちかけたとして逮捕。その後、釈放されたものの、こうしたトラブルの影響もあってか、シーズン序盤は低調なパフォーマンスが続いて批判が集中していた。

しかし、そこから立ち直ったマグワイアは今シーズン、ユナイテッドで公式戦52試合に出場して、プレミアリーグ2位フィニッシュに貢献。ガレス・サウスゲイト監督からの評価も高く、5月に負傷しながらもユーロ2020に向けた代表メンバーに招集されている。

ユーロでは負傷の影響により、2試合出番がなかったものの、6月22日に行われたグループD最終節のチェコ代表戦から3試合連続でフル出場。3日に行われた準々決勝のウクライナ代表戦では得点も記録しており、ベスト4進出を果たしたチームに大きく貢献している。

こうした活躍を受け、キャラガー氏はイギリス『テレグラフ』でマグワイアを称賛。同時に、ギリシャでの出来事でイングランド代表DFに批判が集中していた時、かつて自身もユナイテッドのファンに唾を吐いたことでスカイ・スポーツの職務停止処分を受けた経験から、マグワイアにアドバイスを送ったことを明かしている。

「トラブルによって批判が集中しているような状況では周囲のサポートがどれほどありがたいか私はよく理解していた。だから、あの時、私はマグワイアに連絡を取ったんだ」

「私にも、間違った理由によって脚光を浴びてしまった経験があった。だから、彼を安心させるため、いくつかメッセージをやりとりしたよ」

「私は彼に対して『頭を上げよう。今の困難はきっと過ぎ去るだろう』と伝えたよ」

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
決勝トーナメントを放送中!
>>詳しくはこちら