ラツィオが2選手の獲得に迫っているようだ。

シモーネ・インザーギ監督のインテル行きによって、マウリツィオ・サッリ新監督を招へいしたラツィオ。

志向するスタイルが大きく変化するため、スポーツ・ディレクターを務めるイグリ・ターレ氏にとっては難しいメルカートとなるが、ここに来て実力派の2選手の獲得に迫っているようだ。

その一人目と目されるのが、ウェストハムに所属する元ブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(28)だ。

アンデルソンは2018年夏に当時のクラブ最高額となる移籍金4000万ユーロ(約52億円)でウェストハムに完全移籍。加入初年度こそ公式戦40試合で10ゴール5アシストの成績を収めたが、2019年11月に就任したデイビッド・モイーズ監督の下では信頼を勝ち取ることができず。昨シーズンはポルトにレンタル移籍したが、負傷などもあり公式戦9試合の出場に留まった。

そのアンデルソンに対して、ラツィオは復帰に向けて交渉を開始。イタリア『スカイ・スポルト』によれば、両者は移籍金300万ユーロ(約3億9000万円)と将来のリセール時の移籍金50%を支払うという条件で合意に近づいているようだ。

2013年から2018年までの在籍期間に177試合34ゴール39アシストの数字を残していた元エースは、慣れ親しんだセリエAに帰還して復活を目指すことになるか…。

また、ラツィオは昨シーズン限りでナポリを退団したアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(27)の獲得にも迫っているようだ。

イタリア『カルチョメルカート』によれば、エンポリ、ナポリで同選手を指導したサッリ監督が獲得を熱望しており、クラブは指揮官のリクエストに応えてフリートランスファーでの獲得に迫っているとのことだ。

昨シーズンまでインザーギ監督の下で[3-5-2]をメインシステムに採用していたラツィオでは、ウイングバックタイプの選手が多いため、新指揮官の戦術を深く理解している上、左右のサイドバックで安定したパフォーマンスが期待できるアルバニア代表DFの獲得は大きな補強となりそうだ。

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
7/11(日) 深夜3:00〜 イタリアVSイングランド決勝を放送!
>>詳しくはこちら