イングランド代表のレジェンドであり、現在は解説者として活躍するギャリー・リネカー氏がイングランドサポーターへある呼びかけを行った。

1カ月にわたって開催されていたユーロ2020。史上初の12カ国12都市で開催される予定だった今大会は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて1年延期。さらに開催都市の変更などもあり、11カ国11都市で行われた。

そのユーロ2020も残すところ決勝の1試合のみ。イングランドのウェンブリー・スタジアムでイタリア代表vsイングランド代表の一戦で行われる。

コロナ禍での大会開催ということもあり、各国の検疫状況が異なることから、サポーターの有無など公平性も話題に挙がっていた一方で、リーグ戦を無観客で戦ってきた選手たちにとっては、喜びを分かち合えることはパワーになっているようだ。

決勝戦は11日に行われるが、ユーロ初優勝を目指すイングランドとしては、ホームでトロフィーを掲げたいところだろう。

しかし、イングランドのファンは準決勝のデンマーク代表戦で、GKキャスパー・シュマイケルに対し、レーザーペンを向けて目くらましをする愚行。欧州サッカー連盟(UEFA)はイングランドファンへの処分を下すことを決めている。

初優勝が懸かる試合、ホームに地の利はあるものの、ロンドン郊外にはイタリア人も多く在住しており、イタリア代表の後押しも少なくない。そんな中、リネカー氏はイングランドサポーターへ敬意を払うように自身のツイッターで呼びかけを行った。

「運よく決勝のチケットを手に入れられたならばイタリアの国歌にブーイングしないで欲しい」

「A:聴く価値のある素晴らしい曲だ。B:無礼で、失礼で、全く品のないものだ」

イタリア代表といえば、選手たちも国歌を熱唱して試合に臨むスタイルが見受けられ、スタンドのファンも合唱を行うことで知られている。初優勝への気持ちが高ぶるのは理解できるが、紳士的な態度で臨み、泥を塗らないことを願いたい。



UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
7/11(日) 深夜3:00〜 イタリアVSイングランド決勝を放送!
>>詳しくはこちら