サガン鳥栖は9日、金明輝監督の不適切な言動についての報告を行った。

クラブの発表によると、問題が起きたのは6月26日(土)のトレーニングとのこと。選手1名に対し、金明輝監督による指導の適正範囲を超えた行為、具体的には選手を手で押さえながら足払いをして転倒させた行為があったとの報告がされたという。

6月30日にスタッフからGMに報告がなされ、GMが同日に強化部へと確認し事件が発覚。翌7月1日と2日にGMが練習映像等を確認。5日に社長へと報告されると、6日に当該選手と面談。7日に監督と面談を行い、8日に選手とスタッフ約40名から聞き取りを個別に実施したという。

同日には、監督、当該選手、GMが話合いを行い、監督から当該選手への謝罪と当該選手から監督への前向きな発言が交わされ、Jリーグへ今回の事案について報告をしたという。また、9日には取締役会にて監督への対応を協議決定。Jリーグにも再び報告を行った。

金明輝監督には3試合の指揮資格停止(7/17 vs名古屋グランパス、7/24 vsセレッソ大阪、8/9 vsFC東京)と、当分の間、練習参加の停止の処分が下されることとなった。なお、今後については監督の処分と再発防止策についてクラブ内で協議のうえ決定されるという。

福岡淳二郎 代表取締役社長がクラブを通じてコメントしている。

「この度は、サガン鳥栖のファン・サポーターならびにご協賛いただいているスポンサーの皆様方そして、いつも温かい応援をしていただいている関係各位の皆様方には、多大なるご迷惑、ご心配をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます」

「サガン鳥栖は、地域の皆様方に愛され、地域の誇りとなるべく存在として活動を続けてきたなかで、今回の事案については決して看過できない行為だと認識しています」

「今後、発生した原因、背景などを踏まえてしっかりと襟を正し、クラブ理念である「人づくり、まちづくり、夢づくり」を実現するためにも、二度と繰り返さないという強い覚悟をもって再発防止に向けて取り組んでいくことをお約束いたします。引き続き、皆様からの叱咤激励をいただきながらクラブとして成長していく所存ですので、変わらぬ応援、ご声援をよろしくお願い申し上げます」