イタリア代表のDFレオナルド・ボヌッチは、ユーロ2020決勝戦の開催場所について心配していないようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。

イタリア代表は6日に行われたユーロ準決勝でスペインと対戦。PK戦にまでもつれ込んだ激闘を制し、11日に1968年以来の優勝を目指してイングランド代表と対戦する。

舞台はサッカーの聖地ウェンブリー・スタジアム。当日は6万人以上の観客動員が認められているが、イタリアから入国できるサポーターは1000人に限られており、イタリア代表にとって完全アウェイの雰囲気となることは間違いない。

しかし、ボヌッチそれを言い訳にすることはないとコメント。国民全体が望むビッグタイトルに向けて楽しみしかないことを強調した。

「勝利の可能性があるだけでイタリアサッカーにとっては重要なステップとなる。それがイタリア人全員にとって大きな満足感に繋がるのだ。我々は言い訳をせず、ただ試合に集中し、プレーすることを楽しむだけだ」

「他のことは気にしていない。対戦場所がウェンブリーであることも心配していないよ」

「ほとんどのサポーターがイギリス人だとしても、我々は決勝戦を楽しみにしている。素晴らしいパフォーマンスで歴史的な何かを達成したいね」

また、相手の特長を分析しながらイタリアが注意すべき点を列挙。攻守において危険な存在だと認識しているようだ。

「彼らには素晴らしいストライカーがいるから、ディフェンダーだけでなく全員が警戒を怠ってはならない。彼らがどのように我々を苦しめるかは分かっている。スピードにも要注意だ」

「ハリー・ケインは世界最高のストライカーの一人だが、我々はすでに世界トップクラスのフォワードと対戦している。モチベーションは高く、守勢に回るつもりはない」

「イングランドは堅固なディフェンダーを有しており、ほとんど失点していない。(ハリー・)マグワイアと(ジョン・)ストーンズは、マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティで素晴らしい活躍をしているね」

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
7/11(日) 深夜3:00〜 イタリアVSイングランド決勝を放送!
>>詳しくはこちら