欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、ユーロ2020の公式ベストイレブンを発表した。

今回のベストイレブンはUEFAのテクニカル・オブザーバーを務めるファビオ・カペッロ氏、エステバン・カンビアッソ氏、ロビー・キーン氏、アイトール・カランカ氏、デイビッド・モイーズ氏など10数名の識者が、大会期間中の個人及びチームのパフォーマンスなどを基に選出したものだ。

優勝したイタリア代表もメインシステムとして採用していた[4-3-3]の布陣に当てはめた今回のベストイレブンは、優勝したイタリアから最多の4選手、準優勝のイングランド代表から次点の3選手が選出されている。

GK部門はもちろん、大会最優秀選手に輝いたアッズーリの守護神であるGKジャンルイジ・ドンナルンマ。

4バックは決勝戦で貴重な同点ゴールを挙げ、アッズーリの最終ラインを支えたDFレオナルド・ボヌッチ、準々決勝のベルギー代表戦で惜しくも負傷離脱するまで攻守に見事な貢献を見せたDFレオナルド・スピナッツォーラのイタリア代表の2人と、準優勝を果たしたスリーライオンズの最終ラインを支えたDFカイル・ウォーカー、DFハリー・マグワイアのイングランド代表の2人が選出された。

中盤ではフィールドプレーヤーにおける大会MVPとの呼び声高いアッズーリの司令塔MFジョルジーニョがアンカーに入り、18歳ながらスペイン代表のベスト4に貢献し、大会最優秀若手選手賞を受賞したMFペドリと、今大会で最もエモーショナルなチームとして多くのフットボールファンの心を揺さぶったベスト4のデンマーク代表から闘将MFピエール=エミール・ホイビュルクがインサイドハーフとして選出。

3トップでは大会最多5ゴールを挙げたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、チェコ代表FWパトリック・シックを抑えて、4ゴールを挙げたベルギー代表のエースFWロメル・ルカクが中央に入り、優勝イタリアと準優勝のイングランドの攻撃を牽引したFWフェデリコ・キエーザ、FWラヒーム・スターリングが左右のウイングに入った。

今回発表されたUEFA公式選定のユーロ2020ベストイレブンは以下の通り。

◆UEFA EURO 2020 Team of the Tournament

GK
ジャンルイジ・ドンナルンマ/イタリア (無所属)

DF
カイル・ウォーカー/イングランド (マンチェスター・シティ)
レオナルド・ボヌッチ/イタリア (ユベントス)
ハリー・マグワイア/イングランド (マンチェスター・ユナイテッド)
レオナルド・スピナッツォーラ/イタリア (ローマ)

MF
ピエール=エミール・ホイビュルク/デンマーク (トッテナム)
ジョルジーニョ/イタリア (チェルシー)
ペドリ/スペイン (バルセロナ)

FW
フェデリコ・キエーザ/イタリア (ユベントス)
ロメル・ルカク/ベルギー (インテル)
ラヒーム・スターリング/イングランド (マンチェスター・シティ)

()内は所属クラブ