ナポリは15日、イタリア代表人DFジョバンニ・ディ・ロレンツォ(27)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。

ディ・ロレンツォはレッジーナの下部組織出身。イタリア下部リーグのクラブへのレンタルや移籍を経て、2017年夏に加入したエンポリでクラブのセリエB優勝に貢献。

自身にとってセリエA初挑戦となった2018-19シーズンは、リーグ戦37試合に出場し5ゴール3アシストの成績を残すと、この活躍が認められて2019年の夏にナポリへ完全移籍。

2シーズンを過ごしたナポリでは、これまで公式戦95試合に出場。昨季も本職の右サイドバックでリーグ戦36試合を含む公式戦49試合に出場し4ゴール8アシストを記録していた。

また、イタリア代表でも主力として活躍するディ・ロレンツォは、先日まで行われたユーロ2020でも6試合に出場し、53年ぶり2度目のイタリアのユーロ制覇に貢献した。