元スペイン代表MFフアン・マタ(33)のレアル・マドリー退団の引き金となったのは、同クラブのレジェンドである元スペイン代表MFミチェル氏(58)の存在だったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

スペイン『El Confidencial』による、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長の過去の発言を収めたとされる音声データ流出のレポートの中で、同会長が暴露している。

現在、スペインを騒がせているペレス会長の過去の発言を収めたとされる音声データ流出の一件では、レアル・マドリーのレジェンドであるイケル・カシージャス、ラウール・ゴンサレス、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ジョゼ・モウリーニョ監督らに対する辛辣な発言が話題を集めている。

そういった中、新たに同会長のやり玉にあげられたのが、1980年代後半の黄金期を支えた“キンタ・デル・ブイトレ”の一員であるレジェンドのミチェル氏だ。ミチェル氏は現役引退後の2006年から2008年までレアル・マドリー・カスティージャを率いていた。

2009年の発言を収めたとされる音声データにおいてペレス会長は、ミチェル氏の指導者としての能力の低さを罵倒した。

「ミチェルはとても酷い指導者だ。何もしてこなかった男だ。おかげで我々は危うく降格しそうになった。アイツは詐欺師だが、デ・ラ・モレーナが彼を守り、彼をあのポジションに置いていた」

「彼は指導者ではない。セグンダB(ラージョ)で酷い成績しか残していなかったのに、ここで良い仕事ができるわけがなかった」

「しっかりとした仕事として監督になりたければ、少しずつでも前進していかなければならない。(ベルント・)シュスターを見てほしい。私はシュスターが良い監督になると確信しているよ」

「彼はへレスからスタートし、確かレバンテを率いていたときに、『まだ、レアル・マドリーの監督になる準備はできていない』というコメントを聞いたことがある。それを聞いたとき、なんて素晴らしい態度だと思ったよ」

「だから、シュスターは良い監督になるだろうと思っている。その一方で、『私はミチェルだ。したがって、レアル・マドりーの監督をしなければならない…』。そんなことを言うヤツを監督にしたいと思うか」

さらに、15歳からマドリーのカンテラに在籍し、2007年にバレンシアへ旅立ったマタの流出の原因が、ミチェル氏にあったと主張している。ペレス会長によると、ミチェル氏はカスティージャを率いた時代にマタを冷遇し、実の息子であるMFアドリアン・ゴンサレス(現サラゴサ)を重用していたという。

「思うに、ミチェルはマタのために穴を開ける人間であり、自分の息子がプレーできるようにマタを放り出す人間だ。そういうことだよ」

2009年当時のマタはバレンシアの主力として活躍を見せており、後にチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドとイングランドのビッグクラブに渡り、チャンピオンズリーグや2度のヨーロッパリーグを獲得している。

なお、ペレス会長に“詐欺師”と呼ばれたミチェル氏は、新シーズンからヘタフェを率いるため、ラ・リーガでの直接対決は試合前からバチバチのやり合いとなりそうだ。