日本代表FW南野拓実は順調な滑り出しを見せているようだ。

新シーズンに向けて12日からオーストリアでキャンプを行っているリバプール。長期離脱中だったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクらも帯同し、去就が気になる南野も参加している。

昨季は定位置をつかめずにシーズン途中でサウサンプトンへの期限付き移籍を決行した南野。ポジション獲得に向けてアピールしたい中、16日に公開されたリバプールの公式ツイッターでは、ミニゲームながら点を取るシーンが見られた。

青いビブスを付けた南野はGKから右サイドでボールを受けると、カットインから左足でシュート。DFの股を抜いて右下隅に沈めて見せた。ゲーム形式のトレーニングとはいえ、状態は良さそうだ。

6月には日本代表としてワールドカップ(W杯)予選7試合連続ゴールを達成した南野。好調さを保ったままキャンプに望めているようだ。