【明治安田生命J1リーグ第20節】
2021年7月17日(水)
19:00キックオフ
セレッソ大阪(12位/23pt) vs ヴィッセル神戸(3位/37pt)
[ヨドコウ桜スタジアム]

◆こけら落とし、7戦ぶり勝利へ【セレッソ大阪】

1カ月半ぶりのリーグ戦。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では、プレーオフが免除されるという中、しっかりとグループステージを突破し結果を残した。

ケガ人の復帰、過密日程によりこれまで出場機会が少なかった選手がプレーするなど、チームとしての底上げも図れた中、大事なリーグ戦となる。

中断前は6戦未勝利。リーグ戦勝利は3カ月前の4月18日まで遡る。しかし、ACLを経た今、チーム内でも競争が生まれ、その力をどうぶつけるか。前半戦ラストマッチ、さらに生まれ変わった新スタジアムでの初陣でしっかりと結果を残したい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、チアゴ、西尾隆矢、丸橋祐介
MF:奥埜博亮、原川力
MF:坂元達裕、清武弘嗣、為田大貴
FW:大久保嘉人
監督:レヴィー・クルピ
東京五輪出場選手:瀬古歩夢

◆エースのラストマッチで勝利を【ヴィッセル神戸】

後半戦初戦となった前節は、湘南ベルマーレを相手に3-1で快勝。3位に浮上した。

リーグ戦3連勝、5戦無敗という中、日本代表FW古橋亨梧のセルティック移籍が発表。この試合が神戸でのラストマッチとなる。

現時点での得点ランキング1位であり、チームの貴重な得点源が去っていくことになる中、最後の試合でもしっかりとゴールを決めて勝利を収めていきたいところだろう。

心配なのは、前節負傷者が続出したこと。アンドレス・イニエスタ、菊池流帆、前川黛也と主軸の状態はどうなのか。不安はありながらも勝利を目指す。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:飯倉大樹
DF:酒井高徳、山川哲史、小林友希、初瀬亮
MF:郷家友太、セルジ・サンペール、山口蛍
MF:中坂勇哉
FW:古橋亨梧、ドウグラス
監督:三浦淳寛