ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が、元イングランド代表FWアンディ・キャロル(32)の退団を明言した。イギリス『サン』が伝えている。

地元であるニューカッスルでプロデビューしたキャロルは、2011年に3500万ポンドでリバプールに完全移籍した後、ウェストハムへの移籍を経て、2019年夏に復帰。しかし、ここ2シーズンはケガの影響やパフォーマンスの低下もあり、公式戦43試合のみの出場に。その間の得点は昨季の1ゴールのみとなっていた。

18日に行われたヨーク・シティ(イングランド6部相当)との親善試合(0-1で敗戦)後、ブルース監督がキャロルの去就に言及。今夏で退団することを明らかにした。

「アンディと話をした。彼は別のクラブでプレーしたいようだ」

「私は選手たちの最善を願っている。彼の残りのキャリアが素晴らしものになることを祈っているよ。この2年間、彼は本当に私の大きな助けとなった」

ブルース監督はまた、MFジョー・ウィロックのレンタル期間延長についてアーセナルの返答待ちであることも明かした。

「アーセナルが決断を下すまで、我々は待ち続ける。何かしたいが、彼ら次第だ」