大宮アルディージャは21日、徳島ヴォルティスのFW河田篤秀(28)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「33」となる。

河田はセレッソ大阪のU-15出身。阪南大学から2015年にアルビレックス新潟シンガポールへと入団。2017年に新潟へ完全移籍する。

新潟では J1で11試合に出場し3得点、J2で39試合に出場し9得点を記録。2019年に徳島へと完全移籍。徳島では2シーズン半でJ1通算16試合出場、J2通算67試合22得点を記録していた。

河田はクラブを通じてコメントしている。

◆大宮アルディージャ
「徳島ヴォルティスから移籍加入することになりました河田篤秀です。素晴らしいチームの一員になれることを嬉しく思います!」

「現状、厳しい順位ですがこのようなところにいるチームではないと思います! 大宮アルディージャのために全力で頑張りますのでよろしくお願いします!」

◆徳島ヴォルティス
「徳島にきてから2年半、もがきながら必死に徳島のために、自分のために努力し続けてきました」

「一昨年のプレーオフや昨年の優勝・昇格と素晴らしい結果を皆さんと共に喜ぶことが出来たことは決して忘れることのない素晴らしい経験です。本当にありがとうございました!」

「もっとヴォルティスの力になりたかった。チームのJ1定着を心から願っています!」