ボローニャがオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(32)を確保したようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。

日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャ。新シーズンに向けては新たなストライカーの獲得を目指しており、シニシャ・ミハイロビッチ監督は第一希望にアルナウトビッチを名指しで指名していた。

ミハイロビッチ監督は「クラブは一刻も早く彼を獲得するために尽力する。(交渉は)終盤に差し掛かっているよ」とコメントするなど、獲得が迫っていることを示唆していたが、どうやら交渉がまとまったようだ。

『カルチョ・メルカート』によると、上海海港との交渉がうまくいっていなかったものの、粘り強く交渉した結果、合意に至ったとのこと。300万ユーロ(約3億9000万円)+ボーナスで合意したという。

アルナウトビッチ獲得前には、今年1月にアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWジエゴ・コスタの獲得が迫っていたとも報じられたが破談。アルナウトビッチの獲得が難しいことから、シント=トロイデンのFW鈴木優磨も候補に挙がっていたが、最終的には監督の希望通りの結果となった。

アルナウトビッチはトゥベンテからのレンタル移籍で、2009-10シーズンの1シーズンだけインテルでプレー。インテルでは3試合の出場に終わったが、無事に契約できれば12年ぶりのセリエA復帰となる。