ニューカッスルの元日本代表FW武藤嘉紀(29)に対して、ギリシャクラブが興味を示しているようだ。ギリシャ『Sportime』が報じた。

武藤の獲得を目指しているのは、アリス・テッサロニキとのこと。ギリシャ・スーパーリーグも3度優勝経験があるクラブ。過去には横浜F・マリノス、FC東京、アビスパ福岡で活躍したFW坂田大輔も所属していた。

また、元日本代表FW香川真司が所属するPAOKと同じテッサロニキを本拠地とするクラブでもある。

報道によると、すでにアリスは武藤と交渉を進めているとのことだ。

武藤はFC東京でキャリアをスタート。2015年7月にマインツへと移籍すると、そこでの活躍が認められ2018年8月にニューカッスルへと移籍。しかし、プレミアリーグでは結果を残せず、2020-21シーズンはエイバルへとレンタル移籍した。

スペインでのプレーとなったが、ラ・リーガでは26試合で1ゴール2アシストとここでも結果を残せず、チームもセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に降格。武藤はニューカッスルへと戻り、プレシーズンを過ごしている。

ニューカッスルでは元イングランド代表FWアンディ・キャロルが退団。そのため、武藤がポジションを奪う可能性も少なくなく、18日に行われたヨーク・シティとのプレシーズンマッチでも後半起用されていた。

それでもニューカッスルでは評価は高くないため、退団する可能性もあるが、果たしてどこでプレーするのだろうか。