レアル・ソシエダは25日、元スペイン代表DFナチョ・モンレアルとオーストリア代表GKマシュー・ライアンの負傷を発表した。

在籍3年目を迎えるモンレアルは、数年前から問題を抱えていたヒザの違和感が再発。再生治療を行うため、チームからは数週間離脱することとなる。

また、今夏ブライトン&ホーヴ・アルビオンから加入を果たしたばかりのライアンは、21日のトレーニング中に右ヒザを捻ってしまったとのこと。検査の結果、外脛骨に異常が見つかり、26日に関節鏡手術を受けることとなった。なお、離脱期間は明かされていない。

モンレアルは35歳という年齢ながら昨シーズンは公式戦35試合に出場した守備の要。かたやライアンは、正守護神を務めるスペイン人GKアレックス・レミロとのポジション争いも期待されていた実力者と、ソシエダはシーズン開幕前に重要な2選手を失うこととなった。