アーセナルがインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

今夏既にU-21ポルトガル代表DFヌーノ・タヴァレス(21)、ベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(21)を獲得し、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのイングランド代表DFベン・ホワイト(23)の獲得にも迫るなど、いつになく積極的なアーセナル。さらなる補強にも動いており、現在はチェルシーで序列が低下しているイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)獲得を狙っているという。

チームにはFWピエール=エメリク・オーバメヤン(32)とFWアレクサンドル・ラカゼットの2人のストライカーが所属しているが、スカッドの刷新を図りたいチームは若きストライカーをチームに迎えたいようだ。

一方で、チェルシーはエイブラハムの移籍金として4000万ポンド(約60億9000万円)以上の移籍金を要求しているとされており、イギリス『テレグラフ』によるとアーセナルは代替案としてラウタロ・マルティネスにも関心を示している。

インテルは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け財政難に陥っており、既にDFアクラフ・ハキミをパリ・サンジェルマン(PSG)に売却。ラウタロ・マルティネスについても非売品ではなく、7700万ポンド(約117億2000万円)程度のオファーがあれば売却に応じる方針のようだ。

ラウタロ・マルティネスは2018年7月にインテルへ加入して以降、公式戦通算132試合出場49ゴール20アシストを記録。昨シーズンも48試合に出場して19ゴール11アシストの成績を収めており、チームの11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。

ラウタロ・マルティネス獲得となれば、アーセナルにとって大きな戦力となることは間違いないが、一方で移籍実現のためには選手の売却が必要なようだ。

アーセナルは来年の夏に契約が切れるラカゼットとU-21イングランド代表FWエディ・エンケティア(22)の売却を検討しており、良いオファーが届けばエイブラハムやラカゼット獲得の動きも本格化するだろう。