U-24フランス代表を相手に0-4で快勝したU-24日本代表。フランス『レキップ』が、日本の選手たちを採点した。

28日、東京オリンピックのグループステージ最終節でフランスと日本が対戦。フランスとしては勝利しかグループステージ突破の道がない状況で日本戦に臨んだ。

前半に日本はMF久保建英、DF酒井宏樹がゴール。後半にはMF三好康児、FW前田大然がネットを揺らし、0-4で日本が勝利。3連勝で日本は突破を決めた。

『レキップ』は両チームを採点。最高点は久保の8点(10点満点)。高い評価を下した。

「昨シーズンレアル・マドリーからヘタフェにレンタルされた攻撃的MFは、ライン間でプレーを楽しみ。フランスをスピードで苦しめた」

「目を見張るのは、28分には先制点を決め、34分には2点目のゴールを生み出し、一定の結果を残した」

「ハーフタイムに三好と交代。三好が3点目を決めた」

また、長らくフランスでプレーし1ゴールを決めた酒井は7点の評価。

「元マルセイユの右サイドバックは、ティモシー・ペンベレとの競り合いを制し、背後にしっかりと走り込んだ。ゴールは攻撃への貢献に報いるものだった」

「54分に交代したが、日本はすでに次に向けて考えることができた」

またDF旗手怜央についても評価。フランスを苦しめたとした。

「左サイドでとても活発に動き、定期的にゴールに迫ってシュートを放った。最初のシュートはベルナルドーニにセーブ、52分、57分のシュートは正確性を欠いた。しかし、彼のプレーはフランスを疲弊させた」

◆U-24日本代表採点

GK
谷晃生 6
DF
酒井宏樹 7
吉田麻也 6
冨安健洋 5
中山雄太 6
MF
田中碧 6
遠藤航 6
堂安律 6
久保建英 8
旗手怜央 7
FW
上田綺世 6

監督
森保一 7