リバプールがブラジル代表GKアリソン・ベッカー(28)とも契約延長に向けた交渉に入っているようだ。

新シーズンに向けた調整に励むなかで、30日に右サイドバックとして不動の地位を築くイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドとの契約延長を発表したリバプール。だが、2024年6月末まで契約が残る絶対的守護神とも協議中だという。

この先もリバプールでのプレーを望むアリソンは2018年のローマから加入して以降、絶対的守護神に君臨。チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグのタイトルに大きく寄与するなか、公式戦通算130試合の出場で104失点、59回の無失点を記録している。

なお、リバプールは先月14日、バックアッパーを務めるスペイン人GKアドリアンやアイルランド代表GKクィービーン・ケレハーとの契約延長を発表。アリソンも契約延長となれば、それに続く格好だ。