トッテナムのトレーニングを2日連続で無断欠席しているイングランド代表FWハリー・ケインだが、今週末に一度チームに復帰する見込みだ。『ロンドン・イブニング・スタンダード』など複数のイギリスメディアが報じている。

昨シーズン終了後にクラブレベルでトロフィーを獲得するため、トッテナムからの退団を希望する趣旨のコメントをしたケイン。家族の事情もあり、プレミアリーグ残留を望む同選手は、センターフォワード獲得を目指すマンチェスター・シティ行きが盛んに取り沙汰されている。

そういった中、渦中のスパーズのエースは2日にトッテナムのトレーニング施設を訪れ、新シーズンに向けたトレーニングを開始する予定となっていた。だが、今夏の国内ライバルクラブへの売却を頑なに拒否するダニエル・レヴィ会長らクラブ首脳に対する抗議の意味合いか、同日トレーニング施設に姿を現すことはなかった。

さらに、翌3日も同じようにトレーニングを無断欠席しており、エースの振る舞いに失望するクラブサイドは罰金処分を科す模様だ。

そのため、両者の関係は急速に悪化の一途を辿っているが、現時点でシティがトッテナムの要求する1億6000万ポンド(約243億円)とも言われる高額なオファーを掲示する意思はなく、事態は膠着状態に陥る可能性が高い。

そして、これ以上の状況悪化を望まないケインはひとまず今週末に一度トレーニングに合流し、改めて今後の去就に関する話し合いを行うようだ。