ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーが自身を英雄扱いする風潮を嫌った。

ケアーはデンマーク代表の同僚であるインテルのMFクリスティアン・エリクセンが先のユーロ2020で突如として意識を失って、ピッチに倒れ込んだ際、見事な立ち回りを披露。気道の確保だけでなく、チームメイトに壁となるよう指示した上、エリクセンの妻を慰めるなど、あらゆる面で冷静な行動が光った。

そうしたデンマーク主将の救命処置に様々な方面から称賛の声が相次ぐが、本人はイタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』で当時を振り返り、あの場で求められる行動をしたまでだと語った。

「僕はヒーローなんかじゃない。ただ、何も考えず、他の人と同じように自分がすべき行動をしたまでだ」

「あの日はデンマーク人にとって、歴史的な日で、ホームスタジアムでの初ユーロだった。そこで起きてしまったんだ」

「僕はチームメイトと同様、冷静さを保とうとした。チームの努力の賜物であり、彼が相手チームでも当たり前のように同じ行動をしたと思う」

「それだけだ。大事なのはクリスティアンが元気だということ。大事なのはそれだけ。あのときは何も考えていなかった」

「僕は本能に従って、必要な行動をとっさにやったまでだ。あんなことが起こったのは初めてだが、あれが最後であるのを願う」

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888円(税込)
>>詳しくはこちら