レーシング・ルイビルFCの元なでしこジャパンFW永里優季が見事なジャンピングボレーを叩き込んだ。

現地時間21日に『THE WOMEN'S CUP』の決勝、バイエルンvsレーシング・ルイビルがアメリカのリン・ファミリー・スタジアムで行われた。

『THE WOMEN'S CUP』は前述の2チームに加え、パリ・サンジェルマン(PSG)、シカゴ・レッドスターズの計4チームで行われたミニトーナメント。決勝はバイエルンのDF熊谷紗希とレーシング・ルイビルの永里による日本人対決にもなった。その一戦で永里がなでしこの先輩として貫録のスーパーゴールを見せた。

1-1の同点で迎えた85分、レーシング・ルイビルは左サイドの高い位置でボールを奪うと、すぐさま中へ放り込む。熊谷の背後に走り込んでいた永里は難しい態勢ながらも右足で合わせ、ゴール左上にボレーをねじ込んだ。

ドイツ女王相手から貴重な逆転ゴールを決めた永里。国内外から「こりゃすげー!」、「スーパーゴール」、「めっちゃキレイ」などの反響が寄せられた。

常に点を取る準備を怠らない姿勢やチャンスを確実にものにする決定力。アメリカで成長を続けるストライカーは、まだまだ代表でも一線で活躍できそうだ。

なお試合はその後、後半アディショナルタイムにバイエルンが追い付いてPK戦に。最後は両GKがキッカーを務めるまでもつれ、PKスコア6-7でルイビルが勝利。ホストクラブとしてのプライドを見せた。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888円(税込)
>>詳しくはこちら